フィラリア症は危険な病気|フィラリアからペットを守るためには/ストロングハートで早期治療を

フィラリアからペットを守るためには/ストロングハートで早期治療を

 

フィラリア症は危険な病気

ストロングハートはフィラリア症治療に効果的なのですが、そもそもフィラリア症がどんな病気か知らない人も多いのではないでしょうか。
犬や猫にとっては危険な病気ですので、飼い主となった以上はぜひとも知っておいていただきたい病気となっています。

寄生虫の一種であるフィラリアによって引き起こされるのがフィラリア症です。
フィラリアの幼虫が蚊の体内に寄生し、その蚊が犬や猫から吸血しようと接触した際に宿主を蚊から犬・猫に変えるのです。
犬にとっても猫にとってもフィラリア症は厄介な病気ですが、特に犬を飼っている人は要注意。
場合によっては命をも奪いかねない病気なのです。
犬に寄生したフィラリアの幼虫は、心臓部や肺動脈など、重要な血管内に寄生します。
そのまま成虫になると、体長30cmほどにもなる糸状の体に成長します。
こうなってしまうと危険で、フィラリアの成虫は人間の肉眼でも確認できるほどの大きさです。
そんな大きさの寄生虫が、血管内で成長してしまうと当然血管は詰まり、血流も悪くなってしまいます。
これによって危険な症状を引き起こしてしまうだけではなく、場合によっては命を落としてしまうのです。

フィラリア症には初期症状がいくつかあり、激しい咳や呼吸困難といった症状を頻繁に起こし始めたら危険なサインです。
しかし、このときストロングハートがあれば、高い駆除効果によって、犬の体内に潜んでいるフィラリアを死滅させることができるのです。

Copyright(c) 2017 フィラリアからペットを守るためには/ストロングハートで早期治療を